メインイメージ画像

通勤にかかる時間はとても重要

今働いている看護師が転職する場合、探し方のポイントとして場所も考えられると思われます。夜勤もあり、時間帯のシフトなど勤務体系がとても不規則な職場ですので通勤の方法や通勤にかかる時間はとても重要です。また、場所によっても患者の年齢層などに違いがあるかもしれません。サイトや求人の内容を鵜呑みにしないで自分自身の脚でその場所へ行ってみることが重要だと思います。通勤の時間帯により電車やバス、道路の混み具合が思っている以上に変わります。

さらには子供がいる場合などは保育施設と働く場所が反対方向では大きな負担です。それ以外の条件が良いと働く場所が多少離れていても目をつぶってしまうかもしれませんが、毎日のことになるので継続できるか確認してください。

看護師が子育て中に仕事を続けるにはいろいろな障害があるでしょう。何はさておき家族みんなの協力が第一となります。病棟の看護師として働くには夜勤がないということはありません。

どちらかの両親に子供を預かってもらえるのなら可能とも言えますけど核家族なら夫も仕事があるでしょうし、子育てを任せる事は現実的ではありません。しょうがなく非常勤などで仕事をしている人もたくさんいます。この頃では、大きな医療機関などは施設内に託児施設を設置して夜勤中でも預かってもらえる場所も増えているみたいです。そうした自分の希望に合った病院で働ければ良いのですが、望み通りに進まないのが現実です。看護師の人手不足の解消に向けて子育て支援が必要です。